読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不自由ないトゥサンの謎を語る『ウィッチャー3

スパイク・チュンソフトは、CD Projekt RED開発のオープンワールドRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント(The Witcher 3: Wild Hunt)』の大型拡張第2弾「血塗られた美酒(Blood and Wine)」の国内向け最新トレイラーを公開しました。

今回のトレイラーは本拡張の舞台となるトゥサンの土地柄を説明するもの。ワインの名産地トゥサンには美しい女性が住み、飢えや仕事に不自由しない環境であるものの、魔物が出現するため白狼ことゲラルトが召喚されたことを紹介しています。

 

 

 

最新拡張第2弾は、国内で5月31日に配信予定。単品価格は2,300円(税別)です。通常価格より10%Offの2,070円(税別)で販売される、5月30日までの事前購入キャンペーンも展開中です。

SUN  RMT

オープンベータから生まれ変わったゲームプレイ体験

『バトルボーン』は発売前に大規模なオープンベータも開催されました。筆者もオープンベータに参加した一人ですが、当時は、「楽しめる場面もあるけど何かが物足りない…」と、肯定よりもやや否定的な印象を持ったことを記憶しています。ところが製品版をプレイすることで、その印象は大きく覆されたのです。

本作では、各々のプレイヤーがシステムやルールを理解しているかどうかで、ゲーム本来の面白さに大きな差が生じます。ベータテストでは、筆者も含めて初見で対人戦に飛び込んだプレイヤー達が多数を占め、対戦の醍醐味を味わえないマッチが頻発していたように思えます。それが製品版になって、ゲーム性を理解したプレイヤーの割合が増えたことで、パーティを組まない野良プレイでも、白熱した駆け引きやマッチ展開に出会う頻度が増えたと感じます。

ドラクエ10 アカウント

プレイを始めると、まず砲撃を退けつつ人間側の陣地へ向かうことになり、

プレイを始めると、まず砲撃を退けつつ人間側の陣地へ向かうことになり、プレイヤーは襲いかかる人間を相手に戦います。戦闘時には攻撃が当たると相手の頭や腕が飛ぶようなゴア表現が日本語版でも健在で、アーブロンの重厚なアクションと加えて少しの爽快感があります。通常のヘビーアタック以外にもスタン攻撃と掴み攻撃などを使用し進めていきます。気になったのが、攻撃時のカメラワーク。アーブロンが腕を振るう度に視点が上下するので、少し煩わしく思うこともありました。

 

特殊攻撃には、敵を倒すと増える“Blood”という値を使用することで派手な「レイジチェイン」を発動可能。このアクションは、表示される□ボタンと方向キーをタイミング良く押すことで、左右から現れる敵を一撃で倒せるというもの。タイミングがシビアな為、チェインをつなげることが難しく、敵からの攻撃を受けてしまったり、効果が切れて最終的にゴリ押し状態に陥ってしまうこともありました。難易度が高いものの、困難な局面を一気に突破できる必殺技のような存在かもしれません。

 

さらにレイジチェインだけでなく、“Blood”を使用し敵の血を吸うことで、体力を回復できる特殊攻撃“寄生”も繰り出せます。特殊攻撃を含めた攻撃アクションは、繰り出してからの隙が大きいため、相手の攻撃や予備動作を見極めることが肝心です。またアーブロンの体力は高めに設定されているので倒されにくいのですが、回復方法がこの“寄生”のみに限られてしまう場合もあるので、ゲームの難易度は少しだけ高いと言えるかもしれません。

ウィザードリィ RMT

PlayStation LifeStyle: 85/100(PS4)

『DARK SOULS III』はある種の「罰」に近く、マゾヒスト達が感謝の気持ちを伝えるような時代にやってきた高難度ゲームだ。AIは笑えるほどひどい挙動を見せながら、プレイヤーをあっと言う間に一捻りすることも出来る。本作はプレイヤーに複雑かつ癖のあるプレイングを学ばせて、プレイヤーが持つ全てのアドバンテージを活用させる。
●Destructoid: 85/100(PC)
●GameSpot: 80/100(PS4/Xbox One/PC)

 

良い点
卓越したレベルデザイン
緊張感のある戦闘
クリエイティブかつ挑戦的なボス達
秘密がたっぷり隠されている美しい舞台

悪い点
後半のボスとエリアは冗長ぎみ
カメラ/ロックオンの詰めが甘い
●Polygon: 70/100(PS4)
世界観やゲームの展開、技術力など重要なポイントはたくさんあるのだが、『DARK SOULS III』は特に的を射ていない。隠し要素や無限に続くほどの横道がぎっしり詰まった危険かつ難解な場所を探索して、君は楽しさとストレスを感じることができるか?だとしたら私と同じく、この続編が進んだ方向性に対し、多少落ち込むことになるだろう。

エリシアオンライン RMT

体(よろい)は目立つ部分を強調!

次はインサイドちゃんの左右に交差したツインテールを作成していきます。まず「オプション(歩)」を編集していきます。「オプション(歩)」は待機や歩きのときに、3枚ループのアニメーションするパーツです。ガイドを参考に髪の付け根の位置など注意して作成していきます。

アニメーションなどの作成が苦手な人は、1枚作成してから全て同じものを「コピー」「貼り付け」をすれば見栄え的に問題ありません。他にもLボタンMENUから「オプションを変える」でテンプレートとなるパーツを選んでつけれるので、イメージに近いものを選び、少し改変する方法もあります。

 

オプションの左右方向の作成が少し難しい箇所。左右方向には、「手前」「奥」にそれぞれ2枚ずつ作成しなければいけません。「手前」は頭や体より手前にくるものを作成し、「奥」はそのパーツより奥に隠れるような物を作成します。手前と奥でそれぞれ別で作成していきますが、左側に手前と奥、両方反映されて画像が表示されていますので、こちらを参考にして作成すればバランスよく作ることができます。

 

次は「オプション(走)」を作成していきます。このパーツはダッシュしているときに2枚ループでアニメーションするオプションパーツです。動きが激しいので少し持ち上げたり左右に開いたりして差異をつけるだけで躍動感を出すことが出来ます。「オプション(歩)」と同様に4方向作成してしまいましょう。

クロノス  RMT

システム要件公開―最小動作はGTX670から

Bethesda Softworksは、id Software開発のバイオレンスシューター新生『DOOM』PC版の動作環境を公開しました。

■最小動作環境:

OS: Windows 7/8.1/10 (64bit版)
CPU: Intel Core i5-2400/AMD FX-8320と同等
メモリ: 8GB
ストレージ容量: 55GBの空き容量
グラフィックカード: NVIDIA GTX 670 2GB/AMD Radeon HD 7870 2GBと同等
コンテンツ容量: コンテンツを一枚のディスクに収納。ゲームを起動するにはSteamから追加ファイル(合計で45GB)をダウンロードする必要あり
認証: Steamのアクティベーションが必須でマルチプレイヤーとSnapMapを利用するにはブロードバンド環境も必要

■推奨動作環境:

OS: Windows 7/8.1/10 (64bit版)
CPU: Intel Core i7-3770/AMD FX-8350と同等
メモリ: 8GB
ストレージ容量: 55GBの空き容量
グラフィックカード: NVIDIA GTX 970 4GB/AMD Radeon R9 290 4GBと同等
コンテンツ容量: コンテンツを一枚のディスクに収納。ゲームを起動するにはSteamから追加ファイル(合計で45GB)をダウンロードする必要あり
認証: Steamのアクティベーションが必須でマルチプレイヤーとSnapMapを利用するにはブロードバンド環境も必要

MU  RMT

 

 

 

 

GeForce新製品「GTX 1080/1070」正式発表!性能はTITAN X凌ぐ【UPDATE】

NVIDIAは、独自のスペシャルイベントにてGeForceグラフィックカード新製品GTX 1080を発表しました。

Pascal世代のGPUを搭載した新たなグラフィックカードは、16nm FinFETトランジスタを採用していることに加えて、10 GbpsのGDDR5X採用8GB VRAMも搭載。9TFLOPSの処理能力を有しています。パフォーマンス的にはGTX 980 SLIやTITAN Xを凌ぐ能力を持ち、GTX 980と比較するとVR環境では2倍以上、『Rise of the Tomb Raider』や『The Witcher 3: Wild Hunt』では2倍近い高速性を発揮しています。

 

 

 

また細かな詳細は公開されていないものの6.5TFLOPSの処理能力、GDDR5の8GBのVRAMを搭載するGTX 1070も発表していま

FF14 RMT