読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「FFの父」坂口氏登壇!国内インディーゲーム祭典「BitSummit 4th」新情報公開

日本インディペンデント・ゲーム協会は、7月9日と10日に京都市勧業館みやこめっせ”で開催する、国内インディーゲームの祭典「BitSummit 4th(フォース)」の開催概要を公開しました。

今回の新情報では、ゲストとして「ファイナルファンタジーの父」と呼ばれる坂口博信氏や、奇抜で個性的なゲーム内容から注目を集めるSUDA51こと須田剛一氏が壇上に上がります。他にも本イベントの開催概要も公開。開催時間は10時から17時までを予定し、入場料が一般2,000円、中高大学生が1,000円、小学生以下無料です(2日間有効)。以下登壇者の詳細と概要です。

 

■坂口 博信(サカグチ ヒロノブ)
●Mistwalker Corporation / CEO

全世界で1億本以上を売り上げ、今もなお絶大な人気を誇るRPGの金字塔「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親。ゲームデザインスタジオ「ミストウォーカー」を立ち上げ以降「ブルードラゴン」、「ロストオデッセイ」、「ラストストーリー」、「テラバトル」などのゲームをリリース。「ヒゲ」の愛称でゲームファンから人気を博し、常に新作を渇望される存在である。日本国外での評価も高く、2000年にこれまでの功績が認められ、The Academy of Interactive Arts and Sciencesより「Hall of Fame Award」(殿堂入り)を受賞、2015年にGDCにて生涯功労賞を受賞。

エルソード RMT